ガナッシュの日持ちはどのくらい?余りでできるレシピもご紹介!

   

 

チョコレートに生クリームをまぜて作るガナッシュ。

クリスマスやバレンタインなどの手作りケーキや手作りチョコなどに
大活躍してくれますが、

ついつい作りすぎて余ったガナッシュ、チョコレートだし大丈夫♪と思って
冷蔵庫の中にずーっと入っていませんか?

この記事ではガナッシュの日持ちについて、
そして余ったガナッシュを使ってできるレシピをご紹介しています^ ^

ガナッシュはどのくらい日持ちする?

冷蔵保存

ガナッシュの日持ちは
冷蔵保存では使用している生クリームの賞味期限がそのガナッシュの賞味期限となります。

賞味期限ギリギリの生クリームを使う人はあまりいないと思いますので、
目安としては冷蔵庫で一週間くらい

冷凍保存

余ったら冷凍保存も可能です。

保存期間の目安はジップロックなどに入れてしっかりと空気を抜いた状態で約1か月

ジップロックに入れたらめん棒などで均等にのばし、
ナイフの背などを使って少し線をつけておくと、解凍の際に扱いやすいですよ^ ^

余りのガナッシュで簡単レシピ

せっかく作ったガナッシュは余りも有効に使って楽しみたいですよね(^ ^)

下記にご紹介するのは余りのガナッシュを使ったレシピ♪

お菓子づくりに限らずですが、足りないよりも余ったほうが良いので、
こういった余りものレシピも頭に入れておくと便利です^ ^

余りのガナッシュを使ったレシピ1

材料
■脂肪分35%のホイップクリーム  200ml
■ダークチョコレートガナッシュ  1/2カップ
■ホワイトチョコレートガナッシュ 1カップ
■ココアパウダー(トッピング用)
■刻んだチョコレート(トッピング用)

 

作り方
  1. ホイップクリームをツノが立つまで泡立てる
  2. 1.にダークチョコレートガナッシュを加える
  3. 2.にホワイトチョコレートガナッシュを加える
  4. 均一になるまで静かに混ぜ合わせる(泡立てすぎないよう注意)
  5. 器に入れてトントンと軽くテーブルに叩きつけて空気を抜く
  6. 冷蔵庫で4〜5時間冷やし固める
  7. ココアパウダーをふりかけ、刻んだチョコをのせる

このレシピのガナッシュはかなりゆるい状態のものが使われています。

ホイップクリームと混ぜ合わせやすいよう、
冷蔵保存などでガナッシュが硬くなっている場合は
あらかじめ室温に戻したり、レンジや湯煎にかけて柔らかくしておきましょう。

トッピングは家にあるもので十分なので、
ココアパウダーはなければわざわざ買う必要はありません。

刻んだチョコレートの代わりにクッキーなどでも良いですし、
ケーキも余っているなら底にケーキのスポンジ部分を敷くのもオススメです^ ^

余りのガナッシュを使ったレシピ2

材料
■ガナッシュ(硬い状態のもの) 160g
■ココアパウダー 大さじ1
■砕いたアーモンド 15個分
■乾燥ココナツ 大さじ5
■バニラエクストラクト 大さじ1
(バニラエッセンス 2〜3適で代用可)
 
作り方
1. ガナッシュにココアパウダー/アーモンド/ココナツ
 バニラエクストラクト(またはバニラエッセンス)を加え
 スプーンまたは手で均等に混ぜ合わせる

2. 手でくるくるっと丸め、お好みでココナツパウダーやココアパウダーなどで
 コーティングして冷蔵庫で4〜5時間冷やし固める

 

ガナッシュは手で丸めやすい硬さであることがポイントです。

どうしても室温などの関係でガナッシュが溶けてきてしまう場合は、
ココナツとアーモンドの量を増やしたり、

または一旦冷蔵庫に入れて10〜15分ほど冷やして様子をみてくださいね^ ^

丸める時は筆者はサランラップを使っていますよ♪

バニラエクストラクトはバニラをウォッカやラム酒などの酒類に漬けて作られる香料で
海外のレシピにはよく登場しますが、日本では余り馴染みがないためお値段もちょっぴり高価。。

頻繁に使う予定が無ければバニラエッセンスで代用可能ですが
念のため楽天で購入が可能です。

 

まとめ

ガナッシュはそれほど頻繁に作るものではないので
日持ちについてはあまり気にしたことがなかったのですが、

冷蔵/冷凍にかかわらず、
味の面でも早めに消費したほうが良さそうですね。

余りのレシピもぜひ試してみてくださいね^ ^

| この記事をシェアする |

 -