カリソンのレシピ・作り方についてご紹介

      2019/11/10

 

南フランス・エクス・アン・プロヴァンスの伝統的砂糖菓子「カリソン」

「幸せのお菓子」とも言われるカリソンは
日本でも店舗・通販などで購入可能ですが、
自宅でも意外と簡単に作れてしまうんです^ ^

今回は動画をまじえてカリソンのレシピと作り方をご紹介します。

カリソンの作り方レシピ

材料

■生地
粉砂糖 200g 
アーモンドパウダー 300g
オレンジフラワーウォーター 大さじ3
オレンジの砂糖漬け 160g
メロンの砂糖漬け 160g
(生姜の砂糖漬け 40g)
ライスペーパー 2枚 

■グラスロワイヤル(アイシング)
卵白 1個分
粉砂糖 150g

作り方

こちらのサイトを簡単に和訳したものです。

⒈ オレンジとメロン、生姜の砂糖漬けをミキサーにかけ、
  ピューレ状になるまで混ぜ合わせる。
 (カリソンのオリジナルレシピに生姜の砂糖漬けの記載はないのですが、
    ここでは全体の配合を考慮しサイトのレシピをそのまま記載しています)

2. 粉砂糖・アーモンドパウダー・オレンジフラワーウォーターを加えてさらにまぜる。

3. 25cm x 20cm x 1cmの型の底にライスペーパーを敷く
 (ストライプの模様が下向きになるように)

4. 生地を流し込み平らにならす

5.   ライスペーパーを上からかぶせてならす(ストライプの模様は上向き)

6. 室温で一晩ねかせる

7.    型から静かにはずし、アーモンド型に抜く

<グラスロワイヤル>
1. 卵白に粉砂糖を入れ均等になるまでまぜあわせる

2.   パイピングバッグなどにいれアイシングをかける
   (アイシングは外側をふちどってから中を埋めるようにする)
  

オレンジフラワーウォーター(ネロリ水)

カリソンのレシピにあるオレンジフラワーウォーターは
あまり馴染みがないですよね。

オレンジフラワーウォーターは「ネロリ水」とも呼ばれ
オレンジの花から精油を抽出する際にうまれる水分で、

お菓子やお料理の香りづけの他、

不眠や肌荒れなどに効果があるため化粧水の成分としても
使われています。

抽出された精油はネロリ。

飲める化粧水として販売されているものもありますが、
下記にご紹介するのは食用として販売されているものなので
安心してお使いいただけます。

 

 

まとめ

フランスのお菓子と言うととっても手の込んだイメージですが、
カリソンの作り方は割とシンプルですよね。

アーモンドやドライフルーツ系のスイーツとお菓子づくりが
お好きなら、ぜひ一度お試しください^ ^

カリソンはどれくらい日持ちする?通販情報と購入可能店舗をご紹介

| この記事をシェアする |

 -