BRAGGアップルサイダービネガー<リンゴ酢>の効果と美味しい飲み方

      2019/03/13

 

『体に良いみたいだから一緒に飲もうよ』

先日一緒に買い物をしていた主人が
そう言ってカゴに入れたのが

アップルサイダービネガー。

日本にいた頃は職場に黒酢を持ち込む程酢を常飲していたのに、
忘れていたのか、海外には無いと勝手に決めつけていたのか、

もう何年も飲んでいなかった飲料用の酢がいつも行っているスーパーで
いとも簡単に手に入るとは。。。

無知とは本当に損だ。。

というわけで数年ぶりに酢生活始めました。

【BRAGG】(ブラグ)のアップルサイダービネガー

 

今回スーパーで購入したのはアメリカのメーカー【BRAGG】の
アップルサイダービネガーです。

殺菌の為の加熱処理や濾過をせずに製造された未精製のリンゴ酢で、
マザーと呼ばれる酵母が底に沈殿しています。

このマザーは非加熱、無濾過で製造されたリンゴ酢にのみ見られる
沈殿物で、これが栄養満点なのだそう。

知らなければゴミ??このリンゴ酢もしかして古い?と思わず思ってしまいそうです。。

飲む前によく振ってこのマザーをリンゴ酢と混ぜ合わせます。

約500ml入りで日本円で約500円程。

アップルサイダービネガーの飲み方

日本のリンゴ酢は蜂蜜やリンゴシューズ、ステビアなどの甘味料がすでに
入っていて商品区分が<清涼飲料水>というリンゴ酢も多く、
そういった商品はそのまま、または少し薄めただけで美味しく飲めますが、

BRAGGのアップルサイダービネガーは、酸度を5%にするため水で希釈されている
以外は加糖などがされていない生のリンゴ酢で、

原液をそのまま飲むために作られているものではありません。

私は蜂蜜とお湯で割って夜にゆっくりと飲んでいますが、
1日の疲れがフワ〜と癒される感じがしておすすめです。

下記のレシピですが、
アップルサイダービネガーだいたい小さじ1に対して200mlの水分で希釈するのが
今のところちょうどよく感じています。

毎日小さじスプーンで計量しているわけではなく目分量です。

お湯割り

アップルサイダービネガー小さじ1、蜂蜜小さじ1、お湯200ml。
甘さはお好みで調整してみて下さいね。

これにすりおろし生姜を加えると冷え防止や風邪対策にもなります。

炭酸水割り

上記のレシピでお湯の代わりに炭酸水で割るのも美味しいです。

その場合は冷たい水を入れると蜂蜜が固まってしまうので、
少量のお湯で蜂蜜を溶かしてから水分と氷を足します。

暑い日に良さそうですね。

リンゴジュース/アセロラジュース割り

黒酢生活の時はリンゴジュースやアセロラジュースで割っていました。
ジュースの甘さで酸味が緩和されるため、かなり飲みやすくなります。

リンゴジュース割りはお子さんにもおすすめです。

牛乳割り

もう一つ、やってみたいけど勇気がなくてまだ挑戦していないレシピに
”リンゴ酢の牛乳割り”があります。

味は飲むヨーグルトのような感じとのことですが。。

リンゴ酢は牛乳に含まれるカルシウムの吸収を高める働きがあり、
また牛乳はリンゴ酢の酸から胃壁を守るという効果が。

ダイエット/健康/美容に効果

日本のリンゴ酢の多くはきれいに濾過されているものが多い為、
このマザー(酵母)入りのリンゴ酢は日本ではあまり見かけないようですが、

酵母には

糖質分解
腸内の善玉菌を増やし抵抗力/免疫力の高い体を作る
体内の毒素を排出

などの働きがあります。

腸内に善玉菌が多い人は風邪を引きにくい体質なのだそう。

ダイエット

酢の主成分である酢酸は体内でクエン酸に変わります。

このクエン酸は

脂肪の蓄積
炭水化物の吸収

を抑える働きをするため、体重や内臓脂肪の減少が期待できます。

健康

<血糖値の急激な上昇を抑制する>
血糖値の急激な上昇を抑えることにより糖尿病の予防になります。

<腸内環境を整える>
酢酸(クエン酸)が悪玉菌の増殖を抑え、
リンゴ酢に含まれる『アップルペクチン』という成分が
善玉菌を増やす働きをするため腸内環境が整えられます。

<喉の痛みの改善>
これは友人が実証済みで、アップルサイダーと水を1対1の割合で混ぜたもので
1日に何度もうがいをすることで喉の痛みから解放されたとのこと。

<コレステロール値低下作用>
アップルペクチンのコレステロール阻害作用により、
コレステロールが体内に吸収される前に体外に排出されます。

美容

酢酸(クエン酸)には抗酸化作用があり、
老化防止や美肌に効果的。

シミの改善にも有効ということで、
最近気になり始めた顔の小さなシミ取りに期待しつつ
アップルサイダービネガーの化粧水を使ってみたいと思っています。

アップルサイダービネガー化粧水は
水とアップルサイダービネガーを同量混ぜ合わせたもの。

水の方が分量が多いレシピもありましたので、ご自身の肌に合わせて
濃度は調節していくのが良いと思います。

コットンに含ませたり、小さなボトルに作って吹きかけても良さそうですね。

レーザー治療のような即効性はなく
最低でも1ヶ月は毎日続ける必要はありそうですが、

飲むことによって内側から、そして化粧水やコンディショナーの代わりとして
外側からも使うことによって相乗効果が期待できます。

アップルサイダービネガーを直接気になるシミに塗ることもできるようですが、
やはり刺激は強いので、

特に顔など人目に触れる場所のシミに直接塗る場合は
パッチテストなどをやってみてからの方が良いと思います。

購入方法

このマザー入りのアップルサイダービネガーは日本でも
購入可能です。

私が飲み始めた【BRAGG】の他、
違うメーカーのアップルサイダービネガーもありますが、

無濾過、非加熱、未精製、酵母入りなど、基本的な製造方法に
大きな違いはないようです。

味など細かく気になるようであれば、メーカー別に飲み比べてみるのも
面白いかもしれません。

 
 

 - 海外生活, 美容/健康