【白髪染め】海外で利尻ヘアカラートリートメントの効果を実感中。染まっています。

      2019/03/16

 

白髪が一本も無いのが不気味な年齢ではありますが、
ここ半年の白髪の増え具合がものすごく、
遂に『白髪染め』を探すことになりました。。。

長い間仕事でヘアスプレーを使ってきた結果一部薄毛になってしまったことから、
白髪染めも即効性よりも体に優しい成分であることを大前提に検索。

今話題の利尻ヘアカラートリートメントを買ってみました。

楽天<海外発送対応>店舗で利尻ヘアカラートリートメントを購入

海外にももちろん白髪染めはありますが、匂いや成分が強そうなイメージがあり、
初めての白髪染めは日本のものを安心して使いたいと思ったため、

まずは楽天で利尻ヘアカラートリートメントを海外発送してくれる
店舗があるのか調べていくと。。。

ありました!

こちらのBlondie-blondさんです。

利尻ヘアカラートリートメント、利尻カラーシャンプー、利尻白髪かくし、利尻ヘアクリームなどの正規販売店であり、BlondieBlondは「サスティ公認ショップ」です。

 

利尻ヘアカラートリートメントのブラック2本セットを早速注文。

購入確定画面になっても送料が提示されなかったため確定前に連絡をしてみると、
発送商品の総重量を元に送料を確定後、

発送手続きを始める前に購入の意思再確認のご連絡をいただけるとのこと。

とても丁寧に対応して下さいました。

数日後、送料確定のお知らせが届きました。

私達が暮らすオセアニアまでは送料2540円、

商品と合わせての総合計は8255円でした。

使用頻度や1回の使用量などその時点ではわかりませんでしたが、

料金だけを考えた場合、
月1回のペースで美容院に通うことを考えたらだいぶお得です。

技術の面では美容院には敵いませんが、
慣れれば自分でもきれいにできるようになるはず!と思い

早速使ってみました。

 

シャワー前の乾いた髪に使用中

髪質や白髪の状態

これから使う方の参考になるよう、
まずは私の髪質や白髪の状態についてお伝えしますね。

髪は濃いブラウンで、太くてコシがあり量が多め。

白髪は長いものが左右と後ろに数本あり、ほとんどの白髪は真ん中の分け目に
5cmほどの短いものが集中している、という感じです。

元々の髪が太いので、白髪もやっぱり太くとにかく目立つため、
利尻ヘアカラートリートメントはこの短い白髪に集中して使っています。

準備したもの

準備したものは下記の3つ。

  1. 使い捨てシャワーキャップ
  2. 使い捨て手袋

専用のブラシも販売されていますが、櫛でもきれいに塗れています。

使い方

シャンプー後の濡れた髪に使う方法と、
シャワー前の乾いた髪に使う方法

2通り紹介されています。

日本のお風呂場は洗い場があることが多いので、
シャンプー後に利尻ヘアカラートリートメントを塗り
浴槽でゆっくりしながら待つこともできますが、

基本的に洗い場が無いことが多い海外のバスルームや、
日本でもユニットバスなどの場合は

シャワー前の乾いた髪にトリートメントを塗り、
バスタイムの時間まで十分浸透させるという
方法が適しているかと思います。

私はバスタイム前の乾いた髪に使用中です。

左手に使い捨て手袋をはめ、櫛に2cm程度のトリートメントを取り出します。

その後左手で少しづつ髪をかき分けながら根元を中心に櫛でトリートメントを
塗っていきます。

櫛の上のトリートメントがなくなったら追加して、を
だいたい3〜4回繰り返して終了。

時間にして約10分程です。

私がトリートメントを塗っているのは根元部分だけなので、
毛先まで櫛を通すこともないため洋服の汚れも気にせずに済んでいます。

気が済むまでトリートメントを塗ったらシャワーキャップをかぶって
また家事へと戻ります。

馴染ませる時間は最低でも1時間。

それ以降はきっちり時間を決めずお風呂に入れる時間まで放置しています。

櫛は使用後すぐにぬるま湯をかけて洗い、ティッシュの上で乾かしてもとの位置へ。

放置しない限り塗料でシンクが汚れたりということはありませんが、
もしもついてしまった塗料が落とせないという場合は、

メラミンスポンジ使ってみて下さいね。

お風呂の時間になったら、まずはトリートメントをザーッと洗い流します。

すすぎの水に色がつかなくなるのを確認できたら、あとはいつも通り
髪を洗って終了。

洗い残しでバスタオルに色がついてしまったりということもありません。

使用頻度について

今の時点で(2018年5月)利尻ヘアカラートリートメントを使ったのは5回。

初日からトリートメントは2日に一度の頻度で行っています。

初日はトリートメント後2時間放置しました。

髪の内部に浸透する色の量は上限があるため、
放置時間が長ければ長いほど効果があるわけではないようですが、

いつも気がつけばこのくらいの時間が経ってしまっています。

1回目:まだほとんど効果を感じられず、白髪はかなり目立っています。

2回目:なんとなーく白髪の色が暗くなってきた感じはしますが、
    気のせいと言われたらそんな気もする程度。まだまだです。

3回目:徐々に白髪が目立たなくなってきたのを感じ始めたと同時に、きちんと
    塗れていない箇所の白髪が目立つように。

4回目:いつもの分け目から見えている白髪はほとんど気にならない程度まで
    色が入ってきました。
    塗り方があまく、根元まできちんと色が入っていない髪もまばらに
    見えるので、今後は短時間できちんと塗れるようになるのが課題です。

5回目:白髪はほぼ見えなくなりました。満足です。
    耳の少し上の辺りにまだ気になるものが数本。
    

効果は確認できたので、
あとは塗り残している部分を中心にまだまだ2日に一度の頻度で使う予定です。

 


利尻ヘアカラートリートメント<ブラック>の使用感について    

初めての方にはナチュラルブラウンがおすすめされていたので
少し迷ったのですが、

黒髪がよかったのでブラックにしてみました。

違和感を感じる程真っ黒ということもなく、元の髪の色に馴染んでいます。

レビューを見ると、ブラックは光に当たると緑やグレーに見えるという
コメントもありましたが、今のところそのようなことはありません。

おそらく元の髪の色が関係あるのかもしれませんので、

まずは1本、これかなと思う色を試してみるのが良いかと思います。

また利尻ヘアカラートリートメントは、
カラーのみならずトリートメント効果も大きく、

使用後の髪のサラサラ感ツルツル感がすごいです。

最後に

ついこの間まで、白髪染めなど自分には関係の無いことだと思っていたのに、
あっという間にその時はやってきました。

ブロンドなど、元の色素が薄い髪色に白髪と言われても、よーく見たら確かに、
という程度でほとんど目立つことはありませんが、

日本人のほとんどが白髪がとても目立つ髪色をしています。

私は自分が白髪とお付き合いしている立場なので、白髪の方を見ても
特に何も感じませんが、

白髪があると少し老けた印象や疲れた印象を受けるのは確かです。

これから長いお付き合いとなる白髪染め。

手軽にできて体に優しく、
トリートメント効果も大きい
利尻ヘアカラートリートメントをおすすめします。

そして2ヶ月後。。。

上の記事を書いたのが5月中旬。

7月29日現在の今日で利尻カラートリートメントを使い始めて2ヶ月とちょっとが
経ちました。

旅行などタイミングが合わずトリートメントができないことが数回ありましたが、
ほぼ2日に1度のペースで使用を続けています。

やはりトリートメントをしないままの状態が4日〜5日続くと白髪が目立ってくるので、
可能な限りこのまま2日に1度のペースを続けていくのがいいかなと思っています。

次から次へと出てくる新しい白髪にその都度色を付けているので、
2ヶ月の間2日に1度のペースで使い続けたからと言って2ヶ月前に比べて
白髪が真っ黒に染まってくるというわけではなく、

感想は前回と同じで
白髪に濃い目の色がついてまわりの黒髪と馴染み目立たなくなっているという感じです。

使用量はようやく1本目が無くなるところなので、 このペースが変わらなければ
1年でだいたい6本、2ヶ月で1本使い切る感じです。

また機会があれば、経過報告させていただきます!

 - 海外生活, 美容/健康