クリスマスツリーの収納にIKEA<SKUBB>ランドリーバッグ

      2019/03/13

 

クリスマスが終わるとツリーの片付けが待っていますね。。

欧米では1月6日の顕現日(エピファニー)と呼ばれる日まで
ツリーを飾りクリスマスをお祝いしますが、

日本はお正月の準備があるのでクリスマスが終わるとすぐに片付けを
始めるご家庭も多いのではないでしょうか。

今回はこの方法にしてからツリーを片付けるストレスが無くなった
我が家のツリー収納方法についてです。

IKEA<SKUBB>シリーズでクリマスツリーを収納

プラスチック製のツリーは大抵細長い箱に入っていると思うのですが、
1年に一回とは言え何年も使っていると箱もボロボロに。

我が家のツリーボックスもテープで補強したりして使ってきましたが、

数年前、ツリーの総重量に耐えれる程の強度がなくなるまでボロボロになってしまったので
収納先を変えました。

新しい収納先となったのはこちら↓

IKEA SKUBBシリーズのランドリーバスケットです。

サイズは

幅: 22 cm/奥行き: 55 cm/高さ: 65 cm

我が家のツリーは180cm

バラバラにしたものがこのランドリーバッグに
ぴったり収まります。

素材はポリエステル製で湿気を吸収しない、とのこと。

収納場所は地下ガレージの収納庫内で、使い始めて4年程経ちますが、
特にカビなど生えることなく使えています。

クリスマスツリーの収納方法として、
同じくIKEA SKUBBシリーズの横長の収納ケースも多数紹介されています。

幅: 69 cm/奥行き: 55 cm/高さ: 19 cm

こちらはランドリーバッグではありませんが、容量はほぼ一緒ですね。

各ご家庭でツリーを収納されている場所によって縦長/横長を
検討されると良いと思います。

箱がもうボロボロだなぁという状態でしたら
IKEA<SKUBB>シリーズおすすめします(^ ^)

 

最後に

子供の頃から本物の木でクリスマスを過ごしてきた主人は
プラスチック製のツリーには抵抗があるらしく、

毎年この時期になると
『今年は本物の木を買おう』と提案されるのが恒例となっていますが、

実現に至らないまま、
また今年も勝手にプラスチックのツリーでクリスマスを迎えることになりました。

ドイツ人の友人曰く、本物の木を使わないクリスマスなんて有りえない(°_°)らしいので、

子供達の思い出のためにも
いつかは。。本物の木でクリスマスを迎えてみたいなと考えています。

 

 - IKEA, インテリア, クリスマス