イギリスのクリスマス料理の定番は?我が家のメニューをご紹介

クリスマス
スポンサーリンク

この記事では、オーストラリア在住イギリス系の義母が毎年作る伝統的なイギリスのクリスマス料理をご紹介しています。

クリスマスディナーは結婚式のようにテーブルに一人一人の名前が置かれ、家族とは言えフォーマルなディナー。

南半球のオーストラリアのクリスマスは真夏ということも多少アレンジが加わることもありますが、ディナーのメインは毎年しっかりとイギリスの伝統的なお料理がテーブルに並びます。

それでは早速みていきましょう♪

スポンサーリンク

クリスマスディナーの定番メニュー

前菜

オーストラリアのクリスマスは夏真っ盛り。

義両親の家は海の目の前ということもあり、クリスマスの前菜は牡蠣やエビなどの魚介類が中心です。

シャンパンと一緒にかなり長い時間を過ごしたあとメイン料理へ。

メイン料理

ロースト

クリスマスと言えば七面鳥のローストが定番というイメージですよね。

でも、必ず七面鳥でなくてはいけないわけではなく、チキンやポーク、ローストビーフなど、その年によって様々。

我が家のメインもその年によって変わりますが、ここ数年はローストビーフと七面鳥が多くなっています。

グレービーソース

ローストディナーには「グレービー」という、肉汁から作るソースをたっぷりかけて食べます。

義母のグレービーソースは

・肉汁
ワイン(料理によって赤または白)
ブイヨン(料理によってビーフ/チキン)
小麦粉

これをドロドロになるまで煮詰めます。

おいしさの秘密はたっぷりの肉汁。

いたってシンプルなレシピですが絶品です。

イメージとしてはこんな感じです↓

ヨークシャープディング

ヨークシャープディングは、ふわふわのシュークリームの皮のようなものでロースト料理の付け合わせとして肉汁をつけて食べます。

ヨークシャープディングのミックスはネットでも購入できますね^^

付け合わせ

メインの付け合わせはその年によって違いますが、

・ポテト
・芽キャベツ
・人参
・インゲン
・パンプキン

など、蒸してオーブン焼きにします。

上述のグレービーソースは付け合わせにもたっぷりかけて食べるのがオススメですよ!

デザートはクリスマスプディング

ローストディナーの最後はクリスマスプディングです。

クリスマスプディングはドライフルーツとブランデーを生地に練りこんで作る蒸しケーキのようなものでイギリスのクリスマスの伝統的な食べ物。

これにブランデーバター(バターと砂糖を混ぜたものにブランデーを加えたもの)とよばれるトッピングをかけて食べます。

義母は前菜からデザートのブランデーバターに至るまで全て手作り。。

何十年も作ってきているので慣れているのもありますが、全くゼロからレシピを見ながらこのクリスマスディナーを完成させるのはかなり大変。。

ネット通販を上手に活用してみると良いかもしれません。

クリスマスプディングやブランデーバターもネット購入が可能です↓

日本のクリスマスには欠かせないクリスマスケーキというものがないんですよね。

デザートに関してはフランスのクリスマスケーキ「ビュッシュ・ド・ノエル」の方が日本でも馴染みがあり、日本のクリスマスケーキに近いかもしれないですね。

イギリスのクリスマス料理の定番まとめ

我が家では毎年ほぼこのような料理でクリスマスを過ごしています。

ローストディナーと聞くとなんだか何時間もかかりそうなイメージですが、メインとなるお肉を決めたら、あとは野菜をつけ合わせるだけの実はとってもシンプルなお料理。

慣れてしまえばたくさんの品数を準備するよりも簡単ですので、興味があればぜひ作ってみて下さいね。

楽しいクリスマスを^ ^

海外のクリスマス!過ごし方と日本との違いは?

クリスマスツリーの下にあるたくさんのプレゼント!あれって一体誰からの?

タイトルとURLをコピーしました