ウェットアンドワイルド・ゴールドコースト体験談!ロッカーレンタル方法やおすすめの攻略法をご紹介

スポンサーリンク

オーストラリアのゴールドコーストにあるウェットアンドワイルドに行ってきました!

使い方を知らないとちょっとわかりにくいかなと思った「ロッカーレンタルの方法」とおすすめの休憩場所を含む攻略法をご紹介しますね^ ^

今回のウェットアンドワイルドは2回目。
一回目の体験記はこちらの記事にまとめています^ ^

スポンサーリンク

ウェットアンドワイルドゴールドコーストのロッカーの場所とレンタル方法

ウェットアンドワイルドの園内マップはこちら

ロッカーの場所

ロッカーは正面玄関入ってすぐの右と左に一箇所づつあります。

地図上のE3G3のところですね。

結構な広さがありました。

ロッカールーム全体の写真を撮りたかったのですが、かなり人がいたのでロッカーの写真を。

これは普通サイズの$10のロッカー。
一度借りると退園までは出し入れ自由です。

少し大きめの$20のものもありましたが、普通の量の荷物なら$10で十分。

行く時は荷物はなるべく少な目にしていきましょう!

ウェットアンドワイルドゴールドコーストのロッカーのレンタル方法

ロッカーを使う際には、正面玄関を抜けてすぐ左手にある【Quick silver】というお店で、バーコードのついた希望のリストバンド($10/$20)を購入します。

このお店、地図上では【Billabong Shop】となっているのですが、2019年9月の時点では【Quick silver】になっていました。

リストバンドを購入したらロッカーへ。

入り口近くにこんな機械がありますので、リストバンドについているバーコードを読み取ります。

使い方は日本語もあったので安心^ ^

ウェットアンドワイルドゴールドコーストおすすめの攻略方法

正面玄関を入って左手のエリアは売店とレストエリア、子供用の遊び場があるため、午前中からお昼ちょっと過ぎまでは特に混雑しています。

おすすめは、入園したら正面玄関左手にある売店でランチを買って、そのまま地図上の右上、「Black Hole」のあたりまで一気に移動します。

Black Hole前にある芝生のレストエリアは、正面玄関近くの混み具合が嘘のように空いていましたよ!

そこで早目のランチを済ませたら、Black HoleやTornadoなど、周辺のアトラクションへgo!

3時を過ぎると園内左手の売店近くのエリアが少しづつ空いてくるので、そのくらいを目安に地図上左手のエリアに移動。

あとは5時の閉園まで思いっきり残りのアトラクションを楽しむ。

時間帯による人の流れと混雑具合を見ると、こんな感じに進むとストレスが少ないかな〜と感じました!

まとめ

ウェットアンドワイルドに限らずですが、待っている間など特に日焼けや暑さ対策を万全に。

日焼け止め、飲み水、帽子、そして水着の上からはラッシュガードの着用を強くおすすめします。

快適で楽しい1日になりますように!

タイトルとURLをコピーしました