ノート型水筒メモボトルの洗い方や購入方法・口コミをチェック!

インテリア
スポンサーリンク

オーストラリア発、ノート型の水筒メモボトル(Memobottle)が話題になっていますね☆

生みの親はメルボルン出身のジェシーとジョナサン。

毎日捨てられるペットボトルの数を減らしたいという彼らの思いと、丸い形状のウォーターボトルが
カバンにすっきりと収まらない!

という不満から生まれたメモボトル。

気になる洗い方や日本での購入方法・口コミなどみていきましょう!

スポンサーリンク

ノート型水筒メモボトルの洗い方は?

ノート型水筒メモボトル、デザインはスタイリッシュだけど、ちょっと洗いにくそうですよね^^;

食洗機で洗える」とのことですが、耐熱温度が100度なのは「Slim」タイプのみ。

他のサイズは耐熱温度が50度(アマゾンの販売サイトは70度の記載)なため、温度設定ができない食洗機の仕様は避けた方が無難です。

メモボトルは水専用

ブラシも届きにくい形状なので、普段使いなら少し熱めのお湯で洗い流す方法が無難でしょう。

クエン酸と重曹を使った洗浄方法についてはこちらの記事で紹介しています。

ぜひ参考にしてみて下さいね^ ^

ノート型水筒メモボトルの日本での購入先は?

メモボトルはアマゾンと楽天、ヤフーショッピングで購入が可能!

購入可能サイズは購入サイトによって異なっています。

A7はこちらからリンクに飛んで下さいm(_ _)m

ノート型水筒メモボトルのサイズは?

日本での販売サイズ
  • <A5>【750ml】 243mm x  148mm x 30mm 
  • <A6>【375ml】 195mm x  112mm x 30mm
  • <A7>【180ml】(A6の半分)
  • <スリム>【450ml】265mm x 80mm x 30mm 

他にも
A4
Letter

がありますが、日本での販売は今のところありません。

メモボトルの口コミ

良い口コミ


A5はビジネスバッグの中で整理されとても使いやすい。

縦置きは倒れやすいので横置きで。

中を洗うのは難しい為口をつけて直接飲まないよう努力。

軽さ存在感のなさ、とても気に入っています。【A5サイズ】



最高に使えます!

ちょうど良いサイズで、少し潤したい時には最高でのサイズです!重宝します!

【A7サイズ】


とにかくこういうものが欲しいと探していた!

ボトルに変な匂いもなく快適。【A6サイズ】


本当に買って良かった。フタもメタリックでお値段相応な格好良さです。【スリムサイズ】

残念な口コミ


熱めのお湯では変形する。

また 経年劣化で変色発生。

予想していたが 中の拭き洗いは出来無い。【A5サイズ】


乾燥がなかなか難しく中で結露してたりで

気を使わないとカビが生えそうな気もします。【スリムサイズ】

<海外から>

I loved the memobottle-stilish, easy to carry. BUT so fragile!

I dropped it from a very small height and it cracked. 

スタイリッシュでカッコイイ!でもちょっと落としただけでヒビが。。。


my bottle broke..

(falling off a couch, so you’d imagine how low the impact would be)

and the bottle broke.

ソファから落ちただけで壊れてしまった。。

残念な口コミの破損は状況にもよりますが、プラスティック製なのでやはり耐久性には限界があることを念頭に置いておいた方がよいですね。

また、安いお買い物ではないので、購入後の取り扱いには注意した方がよいでしょう。

ノート型水筒メモボトルの洗い方や購入方法・口コミまとめ

丸い形のウォーターボトルって、カバンの形によってはちょっと収まりにくかったりするんですよね。

フラットな形状のメモボトルは、カバンが小さかったり薄かったりしても、ウォーターボトルを諦めたり手に持ったりする必要がない、まさに実生活から生まれたデザイン。

「今日はカバン小さいな〜。。」という時のために1つ持っていると便利です。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね^^

タイトルとURLをコピーしました