【IKEA】VARIERAでラッピングペーパーを収納

      2019/03/14

 

意外と困るラッピングペーパーの収納。

皆さんはどうされていますか?

我が家では書斎のドアの後ろに丸いゴミ箱を置き
そこにポイポイ詰め込んでいました。

書斎のドアは普段開けっ放しなので
あまり目につかないしいいかな、と思って

引越してきた時に適当にそこにおいたまま
定位置になっていましたが、

ラッピングペーパーはそれ程使用頻度が高いわけでもなく
次第に色褪せてきてしまったものもあり、

収納を見直してみることにしました。

IKEAのVARIERAシリーズ『プラスチック袋ディスペンサー』

新しい収納場所はクローゼットの中にある洋服の下、

クローゼットの中に最近入れた無印のチェスト横の小さな隙間。

幅21.5cmの場所です。

もうここ以外置く場所はありません。。。

そこに、

IKEAのVARIERAシリーズ

『プラスチック袋ディスペンサー』を2つ、

背中合わせに置いて使うことにしました。

IKEAプラスチック袋ディスペンサーのサイズは

幅: 16 cm
奥行き: 13 cm
高さ: 45 cm

クローゼットの中の狭い空間にぴったり合いそうです!


これは名前の通り、
スーパーのレジ袋を入れておくためのもの。

ラッピングペーパーは使いかけのものや
結構太めのものなどもあるので

収納できる本数は状況によりますが、
ディスペンサー1つにラッピングペーパーがだいたい

7〜8本入っています。

下の画像はIKEAで購入したラッピングペーパーです。

この上と下についているカバーは
そのまま付けておくとヨレヨレになりがちが端の部分が保護されて
きれいなまま保存ができ便利です。

rapping paper 2

まとめ

ラッピングペーパーはそれほど場所をとるものではないので、

家の中の隙間を見つけて
その隙間に合った収納を検討するのが良いですね。

箱にこだわらず、つっぱり棒などを使うアイディアもありました。

今回も使ったのはレジ袋入れ。
狭い隙間にスッとおさまっています。

様々なアイディアを参考に、
ご自宅の状況に合った収納方法を見つけてみて下さいね。

以上、ご参考になれば幸いです!

| この記事をシェアする |

 - IKEA, インテリア