ぬいぐるみの収納にIKEAの蓋つきボックス

      2019/07/05

 

子供部屋の整頓で欠かせないのが

「ぬいぐるみの収納」

増えることはあってもなかなか減ることがないぬいぐるみ。

子供の人数に比例して増えていくので、
その時々で収納を見直していく必要がありますよね。。

 

ぬいぐるみの収納先を、
大きなバスケットからIKEAの蓋付きボックスに変えてみましたので、
その使用感についてご紹介します^ ^

【IKEA】 KVARNVIKでベッド下収納

以前使っていたバスケットはこちら。

もう見かけなくなりましたが、このバスケットもIKEAの商品で
ざっくりとした手編み風。

かなりの容量なのですが、

次女の成長と共にぬいぐるみが急激に増えたため、
収まりきらなくなってしまいました。

新しい収納先は長女のベッド下、
収納に選んだボックスは

KVARNVIK<30cmx30cmx30cm>

全部で6個並べ、そのうち5個にぬいぐるみが入っています。

現在、KVARNVIKシリーズは色とサイズが若干変更になっています。

 

 

ベッドの下は通気性が心配でしたが、
かなりの頻度で箱が開けられているようで今のところは大丈夫です。

子供部屋はカーペットなので、スライドし易いよう
ボックスの下にはダイソーで見つけたこんなものを貼っていますよ☆

【IKEA】KUGGISでベッド下収納

子供部屋の収納でもう1つ活躍しているのが
KUGGISシリーズの蓋付きボックス。

次女のベッド下収納に使っています。

KUGGIS<37cmx54cmx21cm>

このボックスは高さが21cmなので、
ベッド下に高さがあまり無くても使えますよね^ ^

この大きさは少し重さがあるので、月齢の低いお子さんが
1人で引き出すのは難しい場合があるかもしれませんが、

もちろんぬいぐるみの収納先としても使えます。

このボックスにはおもちゃとバービーなどの人形を入れて収納しています。

関連記事はこちら。

 次女のベッド下におもちゃ用の収納として 4つ置いていた籐のバスケット。籐製品は見た目は素敵ですが、 網の目に入り込んだ埃の掃除は面倒なことこの上なし。掃...

 

 

まとめ

サイズも色もデザインも違うぬいぐるみや人形がまとまって置いてあると、
それだけで部屋がゴチャゴチャした感じに見えてしまいますよね。

同じデザインとサイズのボックスをいくつか用意し、
その中にどんどん収納していくようにするのがおすすめですが、

特に

蓋つきのボックスであること

子供がいつでも自分で取り出せること

この2つが色々と試行錯誤を重ねて、
結果時短となったポイントです。

以上、ご参考になれば嬉しいです^ ^

| この記事をシェアする |

 - IKEA, インテリア, 子育て