【ノーファンデメイク】ニュートロジーナの顔用日焼け止めUltra Sheer Face

      2019/03/14

 

仕事を辞めてからパタリと使用をやめたファンデーション。

ポイントメーク以外は何もつけない時期もしばらくありましたが、
ここ数年は日焼け止めとフェイスパウダーというセットに落ち着いています。

ニュートロジーナ ウルトラシアー フェイス

色々と試してみたい日焼け止めはあるのですが、
現在使用しているのはニュートロジーナUltra Sheer Faceです。

真っ白でクリーム状ですが、さすがフェイス用。

伸びが良く、あっという間に肌に馴染みます。

下の方にMatte Look =マットな仕上がり、と書いてありますが、
やはりクリームなのでパウダーで落ち着かせた方がいいかな、
と思う程度にはテカりが出ます。

使用中のパウダーはこちら。

 

紫外線の種類について:UVA / UVB / UVC

気になる紫外線対策ですが、

まずは3種類の紫外線(UV)について。

UVA:  波長が一番長く、肌の奥深くまで浸透し、長い時間をかけてシミやしわなど、
    じわじわと肌に悪影響を与える紫外線。
    地上に届いている量、なんとUVB↓の20倍!

UVB: 地上に届く量は少量であるものの、エネルギーが強く
         急激な日焼けの原因となる紫外線。
    日差しの強い日に外にいて肌が赤くなったり黒くなったりするのは
      このUVBによるもの。

UVC: オゾン層に吸収されるため地上には届かない紫外線。

日焼け止め製品の多くがUVBに対して有効であるのに対して、
ニュートロジーナの日焼け止めは開発された独自の技術により
UVBに加えてUVAにも有効なのだそう。

長い時間かけてじわじわと、なんて本当に恐ろしい。。。

私は紫外線が日本の6倍と言われるオーストラリア在住。

子供達が小さい頃は、もう自分のシミ/ほくろなんてどうでもいいやという
時期もあったりして、それほど頑張って紫外線対策をしてこなかった結果に
今直面しています。。。

本当に、長い時間をかけてじわじわきた感じで、これとどう向き合っていこうか
今対策を考えているところです。

日焼け止めのSPFとPAについて

ここで、何となくわかってそうで良くわかっていないSPFPAについて簡単に
見ていきましょう。

<SPF>
S
un Protection Factor (サンプロテクションファクター)の略。
上記、3種類の紫外線のうちUVBに対する防止効果を表す指標。

30、50などの数値は、
紫外線に皮膚がさらされてから日焼けするまでの時間(平均15分〜20分)
をどれくらい遅らせることができるかを表すもので、

例えば日に当たってから日焼けまでの時間をわかりやすく10分とし、SPF30を使った場合、

10分x30SPF=300分(5時間)日焼けまでの時間を延長できるということになります。

ただ5時間安心というわけではなく汗や皮脂により徐々に効果は薄れてくるため、
日焼け止めはこまめに塗り直す必要があります。

<PA>
Protection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略。

上記、3種類の紫外線のうちUVAに対する防止効果を表す指標。
4段階の+マークで表示され、+の数が多いほど効果は高くなります。

SPFとPAについては、何となくわかっていそうで、
誰かに聞かれたら答えられる程の知識は
ない、というのが正直なところ。

今まで使ってきた海外の日焼け止めはSPFの表示のみでPAの表示がないのですが、
ニュートロジーナはじめ成分の中にはUVA防止効果がしっかりと含まれています。

SPFの数値と日本製の日焼け止め

海外ではスーパーや薬局で手軽に手に入るニュートロジーナは
日本でもショッピングサイトで購入が可能ということでチェックしてみましたが、、

赤ちゃん用や敏感肌用を除いてほとんどがSPF100を超えているものばかり。

SPFの数値が高いと肌への負担が心配、というのは感覚的にわかってはいましたが、
なぜそうなのか。

こちらのサイトでわかりやすく説明されています。

 

私は海外に暮らしていて日本製の日焼け止めが手軽に購入できないこともあり
外国製の日焼け止めを使っていますが、

長い間使っていくことを考えると、
日本人の肌には日本の気候や日本人の肌質なども考慮され

開発されている日本製がやはり一番優秀なのではないでしょうか。

ランキングというのはサイトによるところもあり流動的ですが、
こちらのラロッシュポゼ UVイデアXL プロテクション トーンアップ
は楽天リアルタイムランキング1位を獲得した実績もある優れもの。

口コミも商品名の通り、肌のトーンがアップしましたというものが多く見受けられました。

まとめ

私が子供の頃は、夏に日焼けしている子供は外で遊んでいる健康な子のような
風潮がありましたが、

今はオゾンの破壊が進み、日々の日焼け止めの使用は欠かせないものになりました。

肌に負担をかけないためにも、紫外線を防ぎつつ肌に負担の少ない自分に合ったものを
見つけていきたいですね。

 

| この記事をシェアする |

 - 美容/健康