【IKEA】ホワイトボード『MALA』でお絵かきがもっと楽しく!他オススメ商品3選

      2019/03/14

 

数ヶ月前に学校に通い始めた次女。

最近、窓や壁に絵や文字を書きたがることが多く、
長女が学校に通い始めて少し経った
同じく5歳の頃、

壁一面に鉛筆で絵を描いてしまったことを思い出していました。

そこで、前から少し気になっていた
イーゼル型のホワイトボードを購入すべくIKEAへ☆

1  イーゼル型ホワイトボード【MALA】

ホワイトボードのもう片面は黒板になっています。

最近電子ピアノを置いたリビングには
ホワイトボードを2つ置ける程のスペースは無いため

一台を2人でシェアしてもらうことにしました。

予想通り子供たちは大喜び!

今まで紙と鉛筆を使っていた宿題の計算問題や単語のスペルも
ここに書くようになりました。

ちょっと先生気分を味わっている感じです。

紙のように保存することはできないので
描いた絵は消す前に写真に収めるようにしています。

kids drawing 3

フレームの色はピンクと白木があり、
私はペンキで好きな色に変えたかったので
白木にしました。

 

 以前記事にさせていただいたIKEAのイーゼル型ホワイトボード【MALA】 ずーっとやろうと思っていたフレームのペイントをしてみました(^.^)フレームを白にペイ...

 

机の上の紙をホワイトボードや黒板に変えることで
お勉強や宿題が楽しくなるかもしれません♪

 

2  ホワイトボックス【PLLUGGIS】

玄関を入り廊下を曲がったすぐのところにあるコンソール。

上部の左右に一つづつ小さな引き出しがついていて
下は大きく空いている典型的なコンソールのデザイン。

ショールームなどではこの下の空間部分に
大きめのスタイリッシュなオブジェを

置いてあることが多く,

いつも素敵だな〜と思って眺めているのですが、
玄関周りに収納が全くない我が家。

この空間部分は残念ながら
収納スペースとして活用するのが現実的で、

その収納方法についてずーっと考えていました。

玄関から続く人目に触れる場所にあるため
中身はどうしても隠したい。。。

悩むこと数年。(長い。。)
なんとかシンプルな収納方法にたどりつきました。

Pluggis

こちらはIKEAで購入したPLUGGISというシリーズの
グロスのかかった白の蓋つきボックスです。

現在このボックスは販売されていませんが、

KUGGISシリーズの蓋つきボックスで代用できます。。

こちらもグロスのかかった白で、
サイズは多少異なりますが、
ほぼ同じ用途で使用可能です。

 

ボックスの中身は

<小さいボックス>

・靴磨き用品
・サングラス
・帽子
・雨の日用のカバン

<大きいボックス>

・通勤/通学用のストールやマフラー、手袋などの防寒用アクセサリー
・折りたたみ傘とレインコート

が収納されています。

以前は出かける直前の忙しい時にこれらのものを取りに
バタバタ2階へ駆け上がったりすることも
度々ありましたが、

玄関周りにまとめたことで解消されました。

下のボックスを開ける必要がある時は
上のボックスを一旦降ろすというワンアクションが必要ですが、

現時点ではこれで満足しています。

蓋がついている収納用品は
玄関やリビングなど人目に触れることの多い場所の収納に便利です。

3  キャンドルトレー【IDEAL】

tea candle

本来キャンドル用のトレーとして売られているもので、

このトレーに小さなガラス製のキャンドルケースを4つ並べて
前述のコンソールテーブルの上に置いていましたが、

埃がたまりやすくまたキャンドルをつけることを忘れるほど
暑い日の方が多いため思い切って撤去。

その後行き先が決まらず
しばらく次女がお人形を並べて遊んでいましたが、
突然思い立ち洗面所へ移動。

歯磨き用のグラス、
綿棒とコットン入れを置くトレーとしてまた活躍しています。

bathroom
この場所には少し前まで籐で編んだトレーを置いていましたが、
やはり埃がたまるという理由で
最近撤去したところでした。

このトレーに変えてからお掃除が断然楽になりました。

発想を変えてみると全然違った場所で違う使い方ができたりしますね。

 


 

最後に

我が家のコンソールのように扉が無い場所の収納は、
収納としての機能を果たすことと同時に
インテリア性も重要なので難しいですね。。

同じ場所に複数の収納用品が必要な場合には
全て同じシリーズのもので揃えると

統一感が出てきれいだと思います。

またIKEAの商品はデザインが変更になって同じもので
揃えられなくなってしまったものがいくつか
あるので、

気に入ったものでお値段が控え目なものは、
念のため少し多目に購入するようにしています。

そして収納場所、収納力、デザイン、
お掃除のし易さを総合して検討すると、

結果時短となり暮らしが楽になるような気がします。

 - IKEA, インテリア