卒乳後の寝かしつけ方法は?我が家の体験談をご紹介します!

      2019/07/06

 

お子さんを授乳で寝かしつけているお母さんはきっとたくさんいらっしゃると思います。

そしてお母さんにとってもお子さんにとっても一大イベントである

「卒乳」

すんなり卒乳できる子
あの手この手を使ってやっと卒乳できる子

様々ですが、
いずれにしてもやっと卒乳できたとホッとする間もなく

卒乳第1日目からやってくる課題が「卒乳後の寝かしつけ方法

これから授乳無しでどうやって寝かしつけたらいいの。。。( ;  ; )??

とお悩みのお母さんへ、

今回は卒乳後の寝かしつけ方法について我が家の体験談をご紹介します。

全てのお子さんに当てはまるわけではないですが、
一例としてご参考になれば嬉しいです^ ^

卒乳後の寝かしつけ方法:1人目

長女の卒乳は1歳6ヶ月。

この時期の授乳は夜寝るための一回だけで、
欲しがるというよりも入眠儀式のようになっていました。

そこで、夜の授乳をやめてみようかなと思い始めた時に用意したのが下記の2つ。

 新しいストローマグ

 新しい絵本

ストローマグ

まずはストローマグをプレゼント。

あくまでも提案という形で、
寝る時の授乳を終わりにしようか?

と伝えるとあっさり

「バイバーイ!」

新しいストローマグがよほど嬉しかったのか
泣いたりグズッたりもありませんでした。

彼女の中ではもう十分だったのかなと思います。

ストローマグはミッフィーやアンパンマンなど、
その時子供が好きなキャラクターのものや、

ピンクや青など子供が好きな色を選んであげるといいかなと思います。

ぐずった時はキャラクターの声で
「今日からボクがお水を飲ませてあげるよ!」

とか(笑)ここはお母さんの頑張りどころです!

 

 

 

絵本

 

続いては絵本。

ストローマグを持ってベッドに入り、
いつでも眠れる状態で

「これ読も〜」と言ってプレゼント。

その日以来、毎日毎日
同じ本を繰り返し読み続けました。

子供にとっては本の内容よりも
入眠の儀式という意味合いの方が強いんですよね。

寝る前の本の時間に慣れてくると、
読みたい本を10冊くらいベッドの上に運んで待っているようになりました。

「これな〜に〜」

「どこいっちゃったかな〜?」

というようなやりとりをしながら本を全部読み終わったら、
最後は歌を歌いながら寝かしつけです。

 

 

寝かしつけに歌った歌

  1. 夕焼けこやけ
  2. とんぼのめがね
  3. 蝶々
  4. ぞうさん

この順番で寝るまで延々と歌い続けます(笑)

歌っている方も飽きてくるので、時々違う歌にしてみたり
国家を歌ってみたり(笑)

少し大きくなったらYouTubeなどで赤ちゃんがぐっすり眠れる音楽などを
流すのもオススメです☆

こんな感じで、長女はちょっと拍子抜けするくらい
すんなりと授乳無しの寝かしつけをスタートすることができました。

 

 

 

卒乳後の寝かしつけ方法:2人目

続いて次女。

1歳6ヶ月の頃の授乳は寝る時の一回のみ、というところまでは
長女の時と同じでしたが、

長女よりも授乳で寝ることに対する執着が強く、
結局2歳になっても寝かしつけは授乳。

断乳ではなく卒乳を希望していた私もさすがに3歳近くになるとちょっと違うかな、
という気持ちになり、

「3歳になったらバイバイしようね」と半年くらい前から言い聞かせました。

そして迎えた3歳のお誕生日。

今日でさよならなんだ、ということは理解していたようで
びっしょり汗をかく程泣きました。

子供のこんな姿をみたらあっという間に心が折れてしまう私ですが、
この時は気持ちがブレてしまうことはありませんでした。

そして最後の最後、3歳のお誕生日に授乳で眠りにつき、

次の日からは一切求めることもなく
その話をすることも無く、

長女と同じように絵本を読んで歌を歌って眠るようになり
今に至ります。

まとめ

1歳2歳の小さな子供も
こちらが思う以上に様々なことを理解しているように思います。

卒乳を考え始めたらまずは「もうすぐバイバイしようね〜」
と言っておくのは2歳の次女には効き目がありました。

そしてお母さんの気持ちも大切ですよね。

断乳でも卒乳でも、一回やめたら後戻りはできません。

理由は明確ですか?
本当に後悔はありませんか?

二度とないその子との授乳時間。
ぜひ後悔のない決断をされて下さい。

以上、我が家の授乳後の寝かしつけ方法をご紹介させていただきました。

何かのきっかけになれば嬉しいです^ ^

姉妹サイトにて赤ちゃんの寝ぐずり対策グッズ「クマイリー」をご紹介しています!

関連記事

| この記事をシェアする |

 - 子育て