『水切りかご』おすすめのプラスチック製とダイソーのお掃除ブラシ

      2019/03/13

 

年に一度の帰国で今回購入したものの一つが

「水切りかご」

わざわざ日本で買って持って帰るものか?とみんなに言われるだろうなぁと
思いましたが、

買い替え時だったのと、
これだけ種類がある中で気に入ったものに出会えることも少ないと思い
日本から運んでくることにしました。

購入を決めた理由

今回購入した水切りかごはこちらです。

 

購入を決めた理由:

  • 艶のある白と中身が見えにくいシンプルなデザイン

  • シンクに直接水が流れる水はけが付いている

  • お手入れをする際に取り外したりする部分や細かい部分が少なく
    お掃除が簡単そう

  • 長い間にどうしても錆びついてきてしまう
    ステンレスが使われていない

今まで色々な水切りかごを使ってきましたが、
ステンレス製は見栄えは良いのですが時間と共に錆が気になってきます。

どんなに”錆びない”と言われているものでもやはり長い間には。。

また水はけのないタイプは、水受けトレーにたまった水を捨てるために上のカゴを一旦
外したりという作業がだんだんと面倒に。

お手入れにダイソーの小さいブラシが活躍

口に直接触れるコップや陶器などを扱うものなので、ストレス無く
常にピカピカの状態を保てるというのは大切なポイントでした。

水が流れる部分はストッパーをつけ、浸けおき洗浄が可能です。

水を張り、重曹とクエン酸を混ぜたものを入れて漬けおきしたら、
少しだけ水を捨ててダイソーで見つけた隙間ブラシで水垢を落としていきます。

パッケージ、捨ててしまったのですが、ダイソーのお掃除用品コーナーで見つけました。

水切りかごは使う?使わない?

水切りかごを使っていない方、使わないことにした方も結構いらっしゃるようです。

確かに水切りかごが無いだけでキッチンはだいぶスッキリ。

そろそろ替え時かな、という時になると我が家も使うのをやめてみようかと
考えたりもしますが、

朝のドタバタで山盛りになった水切りかごを見ると、今の状況では
これが無いがために朝のストレスが倍増しそうなので

結局新しいものを購入し水切りかごのある暮らしを続けています。

中が見えないこのデザインは、食器が山盛りにならない限り
キッチンの見た目もシンプルに保つことができます。

食洗機というオプションもあるのですが、海外の食洗機はサイズが大きく
4人家族が普通に食事をしただけでは、洗うまでに2〜3日かかることも。

それまでの間きれいな状態で洗い物をためておける
下洗い機能がついた食洗機も多いのですが、

そこまでするなら洗ってしまった方が
早いのではないかと思い、私はもっぱら手洗いをしています。

食洗機はできれば洗う作業を避けたい主人専用。

サッと洗ってササっと拭いて片付ける。

この動作をストレス無く出来るようなシンプルな動線を最初に作っておくと
効率良く家の中をまわすことができるような気がします。

商品レビューで気になったこと

購入に際し確認した商品レビューの中に、

食器を置いた時にプラスチックにぶつかる音が気になる』

という方が何人かいらっしゃいました。

未だにどの音のことなのかわからないまま使用を続けていますので、
何も感じない人もいるんだな、というご参考になれば。m(_ _)m

まとめ

探すと意外と見つからないシンプル且つ機能的な水切りかご。

プラスチック製というとデザインも”どうかな〜。。”というものが
今までは多かったように思いますが、

今回ご紹介した水切りカゴはシンプルなデザインと艶のある白が美しく、
水切りカゴを検討している方にはおすすめしたい商品です。

良心的なお値段も良いですね。

ステンレス製の水切りカゴでいつも錆が気になるという方は
ぜひ一度試してみて下さいね。

 - インテリア