魔女の宅急便のパン屋のモデルがオーストラリア・タスマニアに?!

   

 

宮崎駿監督の映画は
毎回舞台となった都市が話題になりますよね^ ^

同監督の名作「魔女の宅急便」の舞台は
スウェーデンと言われていますが、

オーストラリアの小さな島タスマニア州にある
小さな街

「ロス」

にもモデルとなったパン屋があるということで
行ってまいりました!

体験談レポです^ ^

魔女の宅急便のパン屋さん「Ross Village Bakery」

モデルと言われているパン屋さんがあるのは
オーストラリア・タスマニア州にある

「Ross」(ロス)

という小さな街にある

「ロスビレッジベーカリー」

公式サイトは

こちら

なんと100年以上の歴史あるパン屋さん!

 

Ross Village Bakery

15 Church Street, Ross,
Tasmania, 7209
Tel: (03) 6381 5246

おそらく、ロスの街のメインストリートと思われる
静かな通りにロスビレッジベーカリーはありました。

魔女の宅急便のパン屋さん「Ross Village Bakery」への行き方

シドニーから

シドニー  → Launceston(ロンセストン)<空路:1時間45分>
ロンセストン → ロス<車:約1時間>

ロスへ到着すると、まずはアルパカに遭遇^^;

とっても小さくて静かな街です。

宿泊もできるロスビレッジベーカリーにはキキの部屋も!

ロスビレッジベーカリーには
宿泊施設(Inn)も併設されています。

中には入りませんでしたが、

「キキの部屋」が!

公式サイトにも記載されています^^;

<引用:ロスビレッジベーカリー公式サイト

 

これはInnの裏側。

 

何となく、そんな雰囲気あるかな。。?

ロスビレッジベーカリーへ行ってみた体験談♪

店内にはキキやジジの置き物やイラスト、写真の他、
日本語が至るところに見られたので、

きっと日本からの観光客が
たくさん来ているんだな〜という印象です。

中はこんな感じ。

雰囲気が似てると言えばそんな感じもしますが。。笑

映画の中のパン屋さんよりだいぶ小さく、
5〜6人入ったらちょっと狭く感じるほど
こじんまりとしています。

魔女の宅急便が目的ではなかったのですが、

自分の順番が来た時に

「あとで厨房に入れてあげるから
そこで待っててね」

と 親切に声をかけて下さったので
厨房までお邪魔してきました。

オーブンの上にもキキとパン屋のおじさん!!

お店の方も日本からのお客さんには
とっても慣れている感じでした^ ^

まとめ

ロスは人口なんと400人のとっても小さな街。

まさかこんな小さな街で日本語を見かけるとは
思ってもみなかったのでびっくり!

本当にこのパン屋さんがモデルになったかどうかは
わかりませんが、

魔女の宅急便がきっかけとなって、
この小さな街と日本とがつながっていること、
とても嬉しく思いました。

ロスビレッジベーカリー、
機会があればぜひいつか行かれてみて下さいね♪

| この記事をシェアする |

 -