オールブラックスのハカとは?種類や歌詞の意味を動画と共にご紹介!

      2019/09/20

 

ラグビーニュージーランド代表「オールブラックス」と言えば、
試合前のあの迫力ある独特の踊りが有名ですよね。

「がんばって!がんばって!」

と言っているように聞こえるあの歌と踊りは

「ハカ」と言います。

今回はその「ハカ」について

ハカとは何なのか
「がんばって」って聞こえる歌詞、本当は何と言ってるの?
歌詞の意味
ハカの種類

について、動画と共にご紹介します!

ハカとは

ニュージーランドの先住民族であるマオリ族が戦いの前に舞う踊りで、

相手を威嚇する
自らの士気を高める

という意味合いがあり、

このような攻撃的なハカは
ペルペルハカ」と呼ばれています。

 

また現在では、敬意や感謝の意をあらわす舞として
形を変えたハカもあり、

これらは
ンゲリハカ」と呼ばれ、
結婚式や卒業式、歓迎式典などで披露されています。

下の動画は結婚式で披露されたもの。
花嫁さん泣いてますね。

私たちにはわからない、歌詞や踊りに込められた深い思いがあるのでしょう。

オールブラックスのハカの種類

オールブラックスのハカは2種類。

カマテ(Ka Mate)<1905年〜>
カパオパンゴ(Kapa O Pango)<2005年〜>

カパオパンゴは決勝試合など絶対に負けられない重要な試合に、
カマテはそれ以外の通常の試合に披露されます。

カパオパンゴは、終盤の首を切るような仕草が印象的で、
これは「相手の首をとってやる」という威嚇の意味があると思っていたのですが、

本来の意味は「自らの首をかけて戦う意気込みを示すもの」とのこと。

かっこいい。。

とは言え、ちょっとこわいですよね。

オールブラックスのハカは、
対戦を受け入れてくれた相手チームへの敬意を表する意味があるとのことですが、
威嚇する迫力は十分な気がします。。

筆者は個人的にカパオパンゴの方が好きです。

ハカの歌詞と意味

ハカの歌詞は先住民族「マオリ」語

Ka mate(カマテ)

「がんばって」と聞こえていたのはこれ!

Ka mate! Ka mate!
(私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora!
(私は生きる!私は生きる!)
Ka mate! Ka mate!
(私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora!
(私は生きる!私は生きる!)
Tenei te tangata puhuruhuru
(見よ、この勇気ある者を)
Nana nei i te tiki mai,
(ここにいる毛深い男が)
Whakawhiti te ra!
(再び太陽を輝かせる!)
A upane! ka upane!
(一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!)
A upane, ka upane
(一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!)
Whiti te ra!
(太陽の光の中へ!)

<日本語訳:wikipediaより>

Kapa O Pango(カパオパンゴ)

マオリ語で

Kapa=列になって並ぶこと。この場合はチーム。
Pango=黒

Kapa O Pango=黒のチーム=オールブラックスという意味!

Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau!
(オールブラックス 我々は祖国と一つ!)
Hi aue ii!
Ko Aotearoa e ngunguru nei!
(今!躍動するこの地こそ我らの大地!)
Au, au aue ha!
(今!この瞬間こそ我々が立ち上がる時!)
Ko Kapa O Pango e ngunguru nei!
(それは我々がオールブラックスである証!)
Au, au, aue ha!
I ahaha!
(今こそが輝く時!)
Ka tu te ihiihi
(戦いは我々によって支配され!)
Ka tu te wanawana
(優位をもって勝利を収める!)
Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi !
(勝利は空高く掲げられる!)
Ponga ra!
(シルバーファーン)
Kapa O Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)
Ponga ra!
(シルバーファーン)
Kapa o Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)

シルバーファーンは
ニュージーランドに自生するシダの1種。

<画像:wikipedia

神秘的な銀白色の葉はマオリの人々の信仰の対象とされ、
ニュージーランドの象徴でもあるシルバーファーンは
オールブラックスのロゴにもなっています。

 

【動画】ハカ

それではそれぞれの動画みてみましょう!

Ka mate

Kapa O Pango

まさに戦士という感じです。

相手チームへの敬意を表するとは言うものの、
両方ともかなり威嚇されますよね^_^;

過去には、ハカを舞うオールブラックスに
相手チームが全員背中をむける、という珍場面もありました。

まとめ

ラグビーな盛んなニュージーランドでは
オールブラックスは国民的な英雄。

国民に勇気を与えるヒーロー的な憧れの存在。

特にスタンドが黒で埋め尽くされる母国ニュジーランドでの試合前のハカは、
大きな期待と夢を背負い
絶対に負けるわけにはいかないものすごい気迫が感じられます。

筆者の主人は熱狂的ラグビーファン。(オーストラリア人)
筆者は試合は観ませんがハカは必ずみています!

意味を少しでも理解した上でハカを見ると、
また違った感じ方ができますので、

ぜひこの機会にチェックしてみて下さいね!

| この記事をシェアする |

 - 海外生活